虫歯予防に効果的な歯磨き粉は?

皆さんはどんな歯磨き粉をお使いでしょうか?

フッ素入りのもの、着色を除去してくれるもの、歯茎の中まで入り込んで汚れを掻き出すもの、液体歯磨き粉…お口の中がさっぱりすれば良いという方、いつも安くなっているものを買うという方、そもそも目的なんて歯磨き粉にあるの?なんて方もいらっしゃるかもしれません。

 

虫歯予防のための歯磨き粉

 

まずは、虫歯予防に効果的な歯磨き粉。

これはご存知の方も多い、「フッ素入りの歯磨き粉」になります。

2017年3月に、厚生労働省がフッ素の含有量の引き上げを承認しました。6歳以上からとなっていますが、今まで1000ppm以下の含有量が規定とされていましたが、今回の改正で1500ppm以下の含有まで可能とされました。

これにより歯磨き粉の中に入っているフッ素の量が増えたので、毎日の歯磨きの際にフッ素を取り込める量が増えました。

毎日の歯磨きで低濃度のフッ素を歯に取り込み、歯医者で定期検診を受ける際に高濃度のフッ素を塗ることで、より虫歯になりにくい強い歯を作ることができます。

歯医者で販売している歯磨き粉の中にも1500ppmまでフッ素の入った物が置いてあります。

薬局やスーパーで歯磨き粉を買う際も、「フッ素が入っているかどうか」また「含有量はどのくらいか」をチェックしてご購入されることをおすすめします。

そして、何よりも大切なことは『きちんと歯が磨けているか』ということです。

虫歯や歯周病の大きな原因は、磨き残しの中に付着している細菌です。1mgの歯垢の中には、一億匹の細菌が住んでると言われています。

ですので、毎日の歯磨きでしっかり汚れを落とすことはとても大切ですね。

きちんと磨いている「つもり」でも、意外と磨き残しが多かったりするものです。どんな方でも最初はなかなかうまく磨けなかったり、長年の癖で磨き残しが出やすい部分があったりするものです。

それを定期検診で歯科医師や歯科衛生士に診てもらい、少しずつ改善して行くことで、長い目で見た虫歯予防や歯周病予防に繋がるのです。

 

歯磨き粉の種類

◯発泡タイプ

 最も主流の歯磨き粉です。歯ブラシにつけて磨くとお口の中で泡が広がり、歯磨き粉の薬用成分がお口に広がります。爽快感が得られやすく、磨いた後はとてもさっぱりします。

◯ジェルタイプ

発泡性が無いタイプの歯磨き粉です。お口の中が泡でいっぱいにならないので、長時間しっかり磨けます。フッ素含有のものを選べば、歯の面に停滞しやすいので虫歯予防にも繋がります。

◯液タイプ

うがい薬としても使えるものが多いです。これも発砲はしないので長時間磨くのには適していますがフッ素の停滞はしづらいです。インプラントや歯周病の手術後など、歯茎の中に歯磨き粉が流れ込むのを防ぎたい時に使用していただくのが最適です。

 

歯磨き粉も今はたくさんの種類があります。

ご自身でどんなものが適しているか、選びかねる時はぜひ歯医者さんに聞いてみてください。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

コメントを残す

お名前 *

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)