抜かずに歯を残すことができる!歯周病治療

歯周病は時にこんなに良くなることもある!!

抜かずに歯を残す事ができる!!

 

「歯がぐらつく、痛みがある、などで歯医者へ行ったら抜かないといけないと言われた。でもなんとか残したい!抜きたくない!」

このような悩みを持った患者様が当院に大勢来院されます。

自分の歯を残すことが一番!自分の歯で一生美味しく食事をしたり、会話したりして過ごすことが一番だと私は思っています。

 

歯周病で歯を支えている骨を失うということは、歯を失うことにつながります。

 

下記症例で、向かって左のレントゲンから赤矢印の歯は当初歯を残すことが難しいと診断されました。

 

 

(右のレントゲン)2年後この歯の周りに骨ができてきたことを確認しました(右のレントゲンで、根の周りが白く写っている部分)。そのためこの歯は残すことができたのです。

 

 

では、どのようにしたら、歯を残すことができるのでしょうか?

誰しも一生自分の歯で美味しく食事をしたいですよね。

 

歯を抜くことはどのタイミングでもできます。まずは、歯の周りに付いているプラークや歯石や、骨を溶かしている原因を取り除くことから始めていきました。そして、患者様にもお願い事をしました。

「歯医者へ来ていない時は、ご自身で丁寧に歯を磨いてください!」と。

 

そう!私達だけでは治せないんです。

患者様の協力がないと、歯周病の進行を抑えることはできません。

「歯医者へ通っているのに一向に良くならない」ということをよく聞きますが、

そうです!歯医者へ通ってるだけでは良くならないんです。患者様自身の生活習慣や毎日の歯ブラシをきちんとしていただかないと、治りません!

 

ご自身では磨けない、ブラシが届かない難しい部分もあると思いますので、定期的なメインテナンスも必要です。

みなさんが月に1回美容院へ行くように、歯も数ヶ月に1度はメインテナンスしていただきたい!

自転車だって、車だって、バイクだって、楽器だって、どんな物でもメインテナンスして大切に使いますよね。それと同じです!!

また、歯周病は完治しない病気です。歯周病にかかってしまったら、歯周病の進行を抑え、常に口の中を清潔に保つことが大切です。

 

今回のこの患者様のように、歯の周りの組織が治るのには、非常に長い時間がかかるということがわかりますよね。

「歯医者へ通い出すと、長くて」と、思っているあなた!

体の一部が治るのには、時間がかかるということをご理解ください。

そして、私達にご協力ください。

歯周病から歯を守っていきましょう!

 

健造デンタルクリニック 歯科衛生士 簑口

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

コメントを残す

お名前 *

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)