健造デンタルクリニックが患者様に支持されている理由と特徴

健造デンタルクリニックが治療に臨む上で常に意識していることは、EBM:Evidence Based Medicine(科学的根拠)です。

治療の一つひとつの背景には必ずScienceという積み重ねられた根拠が存在するということを、患者様にその専門知識を噛み砕いて、解りやすく十分にご理解いただくまで説明いたします。

そして、何故その歯を削らなくてはならないのか、被せなければならないのか、抜かなければならないのか、何故何回も麻酔をして歯石を取らなければならないのか、何故歯周組織再生療法やインプラントが必要なのか、噛み合わせの改善が必要なのか、そして何故メインテナンスのために来院し続けなければならないのか、患者様ご自身の理解の元で治療内容を意思決定していただけるよう心がけております。

自家歯牙移植(歯の移植) 600症例以上

「自分の歯をできるだけ残したい」

当院はそんな患者様の想いを再優先に考えた治療を行っております。患者様のお口の状況を徹底的に分析し、現代歯科医療の進んだ技術を駆使し、可能な限りご自身の歯を残すことを心がけております。

抜歯が余儀なくされた場合にも、ブリッジやインプラントではなく、ご自身の余っている歯(親知らず等)を移植する「自家歯牙移植(歯の移植)」についてはあまり知られていません。

入れ歯やインプラントも、天然の歯「ご自身の歯」による「噛み心地」に勝るものではありません。

他院で抜歯と診断された場合でも、当院であれば救える可能性があります。是非一度ご相談下さい。

>>自家歯牙移植(歯の移植)についてはこちら


【求人募集】 歯科医師 / 歯科衛生士

当院では2014年4月より金曜、土曜勤務可能な非常勤(週2〜3日)、または常勤の先生、歯科衛生士を募集します。

>> 詳しくはこちら

学芸大学,歯科,コンテンツ

学芸大学,歯科,院長対談インプラント専門医として、国内外で活躍する鈴木院長が、インプラントについて大切に考えなくてはいけない点や、問題点などを、熱く語った90分のインタビュー。


学芸大学,歯科,セカンドオピニオン根拠ある治療を行ってきた鈴木院長だからこそ、信頼できるセカンドオピニオン。
これから行う治療に不安などがあれば、お気軽にお問い合わせください。



学芸大学,歯科,トピックス